検地絵図 新町村

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
previous arrow
next arrow

概要

新潟県長岡市の新町村で庄屋筋の蔵から出てきた検地絵図です。絵図だけではなく、古文書も多数出てきて、一括で手に入れました。絵図も一枚ではなく、延享、宝暦、明和、寛政、安永、天保とありました。検地は年貢を正確に取り立てるために行われますが、全国一斉に行われたのは太閤検地一度だけです。江戸期では各藩、幕府領で個別に行われましたが、あまり厳しいと一揆が起こます。しかし、ここ程頻繁に行われる事例は珍しいです。この地のお百姓さんの苦労がしのばれます。